Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

いろんなことを徒然なるままに書き綴っているサイトとなります

idears.WEB

- 英語

TOEFL Speaking対策について!独立型・統合型の各問題の紹介・およびその内容について例を用いて。

投稿日:

今回はTOEFL Speakingの各問題について記載いたします。

 

よくごっちゃになるので一回整理したく記事を掲載します。

 

TOEFL Speaking

TOEFL Speaking試験では、大問として6題ございます。

 

試験の目的は、

学生として留学した際に、現地でコミュニケーションとれるか?

実際の授業についていけるか?

 

以上のような、アカデミックな内容となります。

 

まず具体例よりも全体の流れや概要から。

 

全体的な流れ

3トピック構成6つの問題となります。

トピック

・Familiar Topic (ファミリアートピック)

↪Familiar:見慣れた話題

 

・Campus Topic (キャンパストピック(Campus life))

↪学生生活に関する話題(寮、学食など)

 

・Academic Topic (アカデミックトピック)

↪実際の講義

 

問題構成

・Q1およびQ2では、FamiliarTopic(独立型)

・Q3およびQ5では、Campus Topic

↪Q3は統合型、Q5は独立型

・Q4およびQ6では、Academic Topic

↪Q4は統合型、Q6は独立型

となります。

 

上記で記載している「独立型」と「統合型」の違いは、

Speaking問題に関していうと、話す能力だけの試験ではないということです。

 

独立:質問の回答を話すだけ

統合型:文章を読んで、内容を聞いて、答えを話す

↪Reading + Listneing + Speakingの能力が必要。

 

注意事項

・Readingの内容は時間経過すると消えます。

↪具体的には、ReadingからListeningに移るタイミングです。

 

 

 

Q1:Familiar topic

上記で記載したとおり、独立型の問題となります。

自分の経験について(場所・食べ物・体験など)について

15秒で準備し、45秒でSpeakingします。

 

実際の例文

Choose a place you go to often that is important to you and explain why it is important.
Please include specific details in your explanation.
あなたが頻繁に訪れる重要な場所はどこですか?
なぜそれが重要な場所なのかを具体例を用いて説明してください。

※引用元:The Official Guide to the TOEFL Test(DVDROM(パソコン用ソフトウェア)のPractice test 1のSpeakingより

 

Q2:Familiar topic

上記で記載した通り、独立型の問題となります。

おなじく、FamiliarTopicとなり、

二つの意見がありますがどちらがいいと思いますか?のような問題となります。(他例:一人で勉強するのとみんなで勉強するのどっちがいい?)

15秒で準備し、45秒でSpeakingします。

 

実際の例文

Some college students choose to take courses in a variety of subject areas in order to get a broad education.
Others choose a single subject area in oreder to have a deeper understanding of that area.
Which approasch to course selection do you think is better for students and why?

スポンサーリンク


ある生徒は様々な分野の講義を受け、広い教育を受けることを選択し、
ある生徒は一つの学問をより深く理解することを選びます。
講義を選択の過程において、生徒にとってどの取り組み方法がよりよい方法だと思いますか?

※引用元:The Official Guide to the TOEFL Test(DVDROM(パソコン用ソフトウェア)のPractice test 1のSpeakingより

 

Q3:Campus topic

上記で記載した通り、統合型の問題となります。

初めに大学のレターだったりアナウンスを読みます。

そして二人の学生がReading内容について賛成か反対か話すのでListeningします。

その要約を30秒で準備し、60秒でSpeakingします。

 

Reading

ながくなるので割愛します。

例えば、Reading Passageで「利用者が少ないから無料の送迎バスがなくなります。」この内容に対して、

学生の会話の中で一方の学生は、それは賛成/反対だという意見を述べます。

 

Listening

男子学生はその内容に対して否定的です。

理由は「講義に遅刻する」、「自動車の駐車場が混雑するから」

 

Speaking

要約を述べる。

リーディングでこんなことが書かれていたが、

スピーキングではこんなことをいっていた。など

 

Q4:Academic topic

上記で記載した通り、統合型の問題となります。

初めに一つのトピックに対する一つのアカデミックワードに関する内容をリーディングします。

そして教授がReading内容について具体例を用いて話すのでListeningします。

その要約を30秒で準備し、60秒でSpeakingします。

 

Reading

ながくなるので割愛します。

※過去の経験でいうと、例えば動物の反応についてです。

(Composite Signaling)

 

Listening

一つのアカデミックワードを説明するために教授が具体例を話します。

(大体2つの具体例)

※上記動物のたとえで言うと、

1.トラックが近づいたら、警戒して耳を立てる。(これは怒りの反応を示す)

2.別の犬が近づいたときに耳を立てる

↪さっき耳を立てるのは怒りの反応だったが、今回は怒りではなく喜んでいる様子

一つの動作でも反応は状況に応じて異なることを示す。(Composite Signaling)

 

Speaking

Readingの内容とListeningの内容を要約してSpeakingします。

 

Q5:Campus topic

上記で記載した通り、独立型の問題となります。

まず二人の学生のうちどちらかが問題を抱えています。(一つの問題)

一方の学生はその問題に対する解決案を提示します(二つの解決策)

が、その解決策にはそれぞれリスクがあります。(二つのリスク)

Speakingで問題の要約と解決案およびリスクを概要的に説明し、解答者なら「どちらの解決案がよいのか」、と合わせて「その理由について」Speakingします。

 

20秒で準備し、60秒で回答します。

 

 

 

Q6:Academic topic

上記で記載した通り、独立型の問題となります。

教授があるトピックについて二つのアカデミックワードを紹介し具体例を用いて話すのでListeningします。

その要約を20秒で準備し、60秒でSpeakingします。

 

※Q4との違いは、一つのトピックに対して1つのアカデミックワードと具体例を用い、Q6では、一つのトピックに対して2つのアカデミックワードとそれぞれの具体例を用いる点です。(要はQ4よりQ6のほうが難易度が高い)

 

以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク


-- 英語
-,

Copyright© idears.WEB , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.